坂出バイオマス発電事業の共同実施に関するお知らせ
2021 年 10 月 22 日 

四国電力株式会社  
株式会社安藤・間  
東京ガス株式会社  
イーレックス株式会社
新光電装株式会社  
株式会社坂出郵船組 

坂出バイオマス発電事業の共同実施に関するお知らせ

 四国電力株式会社(以下「四国電力」)、株式会社安藤・間(以下「安藤ハザマ」)、東京ガス株式会社(以下「東京ガス」)、 イーレックス株式会社(以下「イーレックス」)、新光電装株式会社(以下「新光電装」)、株式会社坂出郵船組(以下「坂出郵船組」) の6社は、香川県坂出市において木質バイオマス発電事業を共同で実施することといたしましたので、下記の通りお知らせいたします。




 本事業は、香川県坂出市林田町の港湾地区約4.4万平方メートルの敷地に、国内最大級となる出力約7万5千kWのバイオマス発電所を建設し、 海外から輸入する木質ペレットを燃料として発電するもので、これまでイーレックスおよび新光電装が主体となって開発を進めてまいりました。 今般、本事業に、四国電力、安藤ハザマ、東京ガス100%出資子会社のプロミネットパワー株式会社(以下「プロミネットパワー」)、 坂出郵船組の4社が参画するものです。
 同発電所は、2022年11月に着工し、2025年6月に営業運転を開始する予定であり、再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT制度)を利用し、 発電する電気の全量を四国電力送配電株式会社へ売電します。なお、年間発電量は一般家庭約17万世帯に相当する約5.3億kwhを想定しており、 年間約24万トンのCO2排出削減効果を見込んでおります。
 各社は、今後ともそれぞれが保有する経営資源および電力事業のノウハウを活用し、電力の安定供給はもとより、地球温暖化の防止、 脱炭素社会の実現に貢献してまいります。

以上 


〇事業の概要
発電所名 坂出バイオマス発電所
建設予定地 香川県坂出市林田町(約4.4万平方メートル)
事業主体 坂出バイオマスパワー合同会社
出資会社 四国電力:36%、安藤ハザマ:20%、プロミネットパワー:15%、 イーレックス:14%、新光電装:10%、坂出郵船組:5%
発電出力 約7万5千kW
年間発電量 約5.3億kWh
使用燃料 木質ペレット(年間約32万トン)
売電単価 24円/kWh(再生可能エネルギー固定価格買取制度を活用)
予定工期 着  工:2022年11月(準備工事の開始:2022年4月)
営業運転:2025年 6 月

〇出資会社の概要
会社名 四国電力株式会社 株式会社安藤・間 プロミネットパワー株式会社
本社所在地 香川県高松市 東京都港区 東京都港区
代表者 取締役社長 社長執行役員
長井 啓介
代表取締役社長
福富 正人
代表取締役社長
馬場 敏
業務内容 電気事業 総合建設業 再生可能エネルギー事業
会社名 イーレックス株式会社 新光電装株式会社 株式会社坂出郵船組
本社所在地 東京都中央区 香川県丸亀市 香川県坂出市
代表者 代表取締役社長
本名 均
代表取締役社長
谷本 順三
代表取締役社長
綾 政彦
業務内容 電気事業 建設業 港湾運送業

〇建設予定地
〇発電所イメージ図